黒ずみ

肌に刺激を与えるムダ毛処理法を毎日続けていると、知らず知らずのうちに皮膚が黒ずんで見えてしまいます。 黒ずみの原因は色素沈着によるものですが、肌に過剰な刺激を与えると、バリア機能としてメラニン色素の生成が過剰に行われ、その結果として他の部分よりも色が茶色っぽく見えるので、ぱっと見黒ずんだ印象を与えます。

黒ずみができても健康に支障はきたしませんが、見た目がよくありません。また、紫外線によって悪化する可能性が高いので、さらなる肌トラブルに繋がる可能性があります。ムダ毛処理後にすぐに強い日差しに皮膚を晒すのはよくありません。

色素沈着で黒ずんでしまった場所がもとの色に戻るのはかなりの時間がかかります。メラニン色素の過剰生成が原因であることが多いので、メラニン色素を分解する塗り薬が有効です。自然に色が元に戻るのを待つのはかなりの時間がかかるので、皮膚科で塗り薬を出してもらいましょう。塗り薬で、ハイドロキノン成分やトレチノイン酸が入っているものは効力が強いようです。患部以外には使用しないようにしましょう。間違っても顔のシミ等に塗ってはいけません。確かにシミ用の塗り薬にも同じ成分が入っていますが、濃度が違います。ここは専門医の言うとおりにした方が身のためです。

また、ビタミンCなどのサプリメントを摂ることによっても黒ずみを抑えることができます。体の中から皮膚が必要とする栄養素を供給するのは、黒ずみが消えるまで時間がかかりますが、副作用の心配がないので一番安全でしょう。

色素沈着

色素沈着は、皮膚が黒ずんで見える状態を言います。赤い色素が残る場合や茶色い色素が残り黒ずんで見える場合があります。 赤い色素が残る場合は、何らかの原因で毛細血管が破裂して皮膚の内部で血がにじみ出し広がってしまった状態です。血液の赤い色素であるヘモグロビンが皮膚の中に残ってしまい、そのため赤く見えるのです。これはニキビ跡の一種でもあり、ニキビができるとこの状態に陥りやすいのです。 茶色い色素が残る場合はメラニン色素の過剰生成によるものです。シミもその一種ですが、皮膚が過剰な刺激を受けると、メラニン色素が刺激部に過剰に生成される傾向にあるので、結果として黒ずんで見えるのです。

ここでいう刺激というのは、摩擦が一番多いです。剃ることによる摩擦や、服や下着による摩擦などがあります。例えば、Iラインは体の中で一番良く下着やズポンの摩擦を受けやすい場所です。Iラインのムダ毛を処理しなくても、この部分の皮膚が他の部分よりも色が濃いのはそのためです。歩く度に下着と擦れるので、自然に色素が沈着したでしょう。

何もしなくても体の中にはすでに黒ずんでしまったところがあるので、カミソリで剃ると余計に黒ずんでしまいます。もちろん、一度や二度なら変化はないだろうが、毎日同じ場所を剃ると気づいた時には色素が沈着しています。特に剃ることによるムダ毛処理の場合は、剃っても次の日には短い毛が出てきているので、再び剃ろうとする人が多いでしょう。